2019年2月8日
by 小野田
0 コメント

秘め事の仁義の巻

新井何とかとかいう俳優が、デリバリーのお姉ちゃんを触ったとか、触らないとか。まったくもってその手の業界の野暮なこと野暮なこと。一人で、個人の自宅に行って金を稼ぎたいのであれば、時には、危ないこともあるさー。どこの世界だって、やなクライアントはいるし、その危なさを承知で高い金もらってしのいでいるんだからねー。そのことがマスコミが発表して騒いでいるわけだから遊びにくい世の中になったわけです。その行為を訴えたこと自体が、なんかその業界には、その業界の仁義があるんだろうから仁義に反していないのかなーとちょっと疑問を持ったのでした。 続きを読む →

2019年1月15日
by 小野田
0 コメント

土着の維持(餅つき編)

 マドリッドの日本人会のイベントとして夏の盆踊りと正月明けの餅つき大会があります。いずれも毎年の恒例となり、何やかやで餅つき大会が27回目を迎えました。毎回800人、ひところは1200人ほどの来場者があったりして結構スぺインと日本の友好の架け橋気分になった時期もありました。 続きを読む →

2018年12月31日
by 小野田
0 コメント

大みそかにふと思ったこと

 2018年も今日でおしまいです。35年目のスペインの生活が明日から始まります。息子も娘も30歳を過ぎて、それぞれの道を歩みだし数年が経ちました。私が、スペインに来たのが29歳の時ですから、息子たちと何ら変わらない歳で、誰も知っている人のいないマドリッドに根を下ろしたのですから今考えると、何の下準備もなしにマドリッドに移住を決めた根性は、確かに勲章ものです。我ながら今、垣間見るとちょっと無謀だったのかもしれません。 続きを読む →

2018年12月26日
by 小野田
0 コメント

歳を老るということ

今年最後の出張で、朝一番のイベリアでローマに行ってきました。8時40分の飛行機で霧の中をまっしぐら2時間で到着です。出迎えは、パウラ先生、長年のお付き合いです。運転役がロベルト先生、この先生も30年選手の指圧師、76歳でまだまだ現役です。イタリアのローマは指圧が盛んで、浪越、増永、大橋、なんだかわからないグループとマー、入り混じってみんな好き勝手にやっています。 続きを読む →

2018年12月7日
by 小野田
0 コメント

フランスセミナー

指圧のお陰で、いろんな国に行く機会をいただきます。南米ツアーの2週間後の先週の、土曜日、日曜日、2日間の指圧セミナーのために、フランスのパリに行ってきました。フランスの指圧団体のお招きで120人ほどの生徒を相手に、今回は特に関節炎を主要テーマにして熱弁をふるってきました。パリに行ったと言っても、ホテルが、パリ市街の北のはずれに位置し、高速道路のわきにあるノボテルという、スペインにもある ホテルチェーンで、すべてが、ユニットで尽くされた日本にある典型的なビジネスホテルなのでした。 続きを読む →

2018年11月20日
by 小野田
0 コメント

南米指圧ツアーパート2

 昨年の今頃,浪越指圧ヨーロッパの代表である指圧プラクターの招聘を受けて3か国(メキシコ、パナマ、エクアドール、)を回りましたが、今回は、エクアドールが最初でメキシコ合衆国が最後のセミナーの開催となりました。
エクアドールのセビチェ、パナマのサンコッチョ、メキシコのタコス、国それぞれの、代表される料理があることが妙に印象に残りました。 続きを読む →

2018年11月12日
by 小野田
0 コメント

エクアドール

 先週木曜日にマドリッドを出てエクアドロールのガジャキルという海岸沿いの、この国だい2の都市での土曜日、日曜日の講習が終了しました。今回は、息子の一生がこのツアーに同行してくれました。飛行機は、チリの国営の飛行機で、グレードアップをカウンターで聞いたら、係のおばさんが、調べもしないで、千ユーロぐらいするよというもんで,止めたとすぐにあきらめたのでした。 続きを読む →

2018年11月7日
by 小野田
0 コメント

君は指圧の効用を知っているか。

指圧の効用は何ですかとよく聞かれます。ストレス社会に打ち勝つ体を維持するために週一の指圧が、都会に住む人たちには、必要なんですと、スマイル顔で無難に答えます。しかし大体の当指圧院に訪れる患者さんは、ぎっくり腰や寝違いなどのある日突然的な、体の変化が急に訪れ、心の準備ができないままの痛さのためにパニック状態になり、医者に行くと、検査結果重視で時間がかかるので、取り合えず、痛みが取れれば、めっけもの程度でアポを取ってくる人が大半何だと思います。 続きを読む →